2010年5月31日月曜日

台湾 高速鉄道 桃園駅

ノボテルホテルからタクシーで桃園駅へ。新幹線で高雄まで移動。

ノボテルホテルでは桃園駅まで無料シャトルバスを出していますが、時間が合わずタクシーで移動。距離は短く約5分。しかし、タクシーに乗ったときにメーターを動かさず、桃園駅に着いたときに300元と書かれたレシートをパッと手渡されました。固定制なのか、それとも誤魔化しているのかわかりませんが、乗ったときにメーターを動かさなかったことを注意しなかったこちらのミス。素直に払いましたが、高いぞと釘を刺す。

桃園駅の前

周りは空き地で、何もありません。まだ開発中なのでしょうか。まずは券売機でチケットを購入。クレジットカードでも買えます。操作がわからない人は窓口もあります。

駅構内 

構内には売店とスターバックスがあります。乗車時間までスタバで休憩。台湾オリジナルメニューかわかりませんが、抹茶胡麻ラテのようなものがあったので注文。ゴマの濃厚な味わいと抹茶の香りで重々しい味です。でも美味しい。

スタバ 

というわけで乗車。ホームは地下にあります。広告も少なく、地味です。

地下ホーム 

しばらくすると新幹線が入線。日本の感覚ではオレンジ色の車体は検査車両に見えてしまいます。意外にも降りる人も多く、また彼らはスーツケースも持っていません。台北市内と空港周辺の通勤に利用しているようです。

車内

車内の作りは日本の新幹線とほとんど同じです。座席の色、取っ手、テーブル、LED表示器など。ただし、自動ドアにセンサーはなく、開けるときは脇にあるボタンを押す必要があります。

車内販売もありますが、買うこともなくひたすら睡眠。そして終点の左営駅に到着。この先も延伸予定で、最終的に建設中の高雄駅が終着駅になるようです。

左営駅

というわけで、初めての台湾新幹線乗車記でした。

2010年5月30日日曜日

台湾 桃園 ノボテル台北桃園国際空港 朝食

高雄に移動する前にノボテルホテルで朝食を食べる。

エレベーターホールから窓の外を見ると空港が見えます。周りには何もありませんが、青い空が美しい・・・

窓の外

朝食のレストランはロビーの脇にあります。広い室内に、ゆったりとした内装。そしてメニューも豊富。

レストラン入り口

レストラン内部

台湾にいるから中華料理ということで、椎茸、野菜の炒め物を。

椎茸

麺類も何種類かあり、厨房のスタッフに言うとその場で作ってくれます。昨日の夜も麺類でしたが、今朝は高級麺類ということで・・・


部屋は綺麗だし、食事は美味しいし、一泊だけで泊まるのはもったいなかったです。でも、周辺に何もないので、やはりトランジット以外での利用は不便でしょう。また今後、高雄に行くにしても、成田から行く場合には同日中に移動してしまうので、台北で一泊する必要はありません。今回はドバイから移動だったので利用しただけ。そう考えると、これが最初で最後の利用でしょう。

というわけで、名残惜しみつつチェックアウトです。

2010年5月29日土曜日

台湾 桃園 中壢観光夜市

寝るには早いのと、桃園空港周辺で泊まるのは初めてなので、桃園市内の夜市を訪問。

ノボテルホテルのフロントで近くの夜市の場所を聞いて、タクシーで移動。途中、道に迷い、携帯で助けを求めていましたが、無事に到着。300元(約900円)。

 中壢観光夜市

観光夜市となっていますが、観光客は全くおらず本当に地元の夜市です。売っているものは洋服(でも下着)、食材など、生活必需品が大半。

夜市の通り

なかにはパンの屋台も。そして子供向けの的屋。台北市内の夜市よりものんびりとしており、楽しめます。

 パンの屋台

本日の夕食は、ビーフン(?)と、モツ(?)。値段は確か100元以下。モツはちょうど最後だったらしく、タダにしてくれました。お皿をビニール袋に包んでいるので、洗う必要がありません。

屋台で注文 

洗う必要の無いお皿 

周りの人もほとんどが会社帰りなのか、家族で来ているのかわかりませんが、ここで夕食を摂る地元の人々のようです。

食事中の人々

帰りもホテルまではタクシーで。住所を見せて知っているかと聞いたら、他の運転手としばし相談。そして「知ってる」。かなり怪しいですが、どうせ空港まで行けば何とかなるので乗ってみました。来たときとは別の道でしたが、約200元で到着。

あとは寝るだけです・・・

2010年5月28日金曜日

台湾 桃園 ノボテル台北桃園国際空港

SQ878便にてシンガポールから台北に移動。台北には17:05着。

翌日、台湾新幹線で桃園駅から高雄へ移動するので、今日は桃園国際空港近くのホテルに宿泊。ということで、アコーホテルズAクラブポイントが貯まるノボテル台北桃園国際空港を予約。ポイントが貯まるのはもちろんですが、去年の9月にオープンしたばかりというのも気になって選んでみました。なお、運営は中華航空が行っているので、中華航空のメンバーには何らかのベネフィットがあるかもしれません。

台北空港からホテルまでは無料送迎バスが出ているようですが、時間が合わなかったのでタクシーで移動。3分とかからない距離です。

ノボテル台北

ロビー

ロビーは開放感があり広々としています。部屋はいわゆるビジネスホテルですが、まだ新しいだけあって非常にきれいです。ベットの枕元が照明になっていて、ちょっと明るすぎますが。

室内

デスク

お風呂はシャワーだけでバスタブがありません。

洗面所

そして、仕切りが透明ガラスで部屋からシャワールームが丸見え。

シャワールーム

と思いきや、シャワールームの照明をONにすると透明ガラスが曇ガラスに変化して、見えないようになります。部屋を広く見せたい工夫だと思いますが、知らない人は戸惑うでしょう。

使用中の状態

欠点といえば、ホテル周辺には何もないこと。コンビニ、レストラン、ショップ等は一切ありません。周りには空港関連施設だけです。トランジットホテルなので仕方ありませんが、安くて美味しい地元の食堂に行くといった楽しみができないのが残念。

それにしても非常に綺麗なホテルなので、快適に過ごせます。

2010年5月27日木曜日

シンガポール航空 SQ878 エコノミークラス 機内食

ドバイから11:25AMにシンガポールに到着。

次は台北に向かうべく、SQ878に乗り換え。乗り換え時間が1時間5分しかなく、荷物がスルーされているかちょっと不安です。当然ながらラウンジには寄らず、そのまま搭乗口へ。

SQ878便

機内食はチキンです。大きな肉でしたが、パサパサしており食べづらく、残しました。SQ453でも食べてましたし・・・

機内食

飛行機は遅れることなく桃園国際空港に到着。ドバイの疲れを台湾のマッサージで癒すことだけを楽しみに入国です。

2010年5月26日水曜日

シンガポール航空 SQ453 エコノミークラス 機内食

ドバイでの用事を終え、シンガポール航空にて一路チャンギ空港へ。去年はSQ491でしたが、今回は23:45発SQ453。

ドバイ空港まではホテルの送迎バスで。他に乗客は居らず貸切状態。空港到着後は座席の指定と台北までスルーバゲージにしてもらうべく交渉。というのも、今回はドバイ=シンガポール間の往復チケットと、シンガポール=台北間の片道チケットとなっているためです。チェックインに時間がかかったこともあり、免税店で買い物後はラウンジには寄らずそのまま搭乗。

離陸後はお楽しみの機内食といきたいところですが、疲労のためほとんど覚えておりません。夕食はチキンだったと思います。

夕食 

朝、チャンギ空港に近づく頃に朝食が配られます。でもパンとフルーツだけ。いたってシンプル。

朝食

シンガポール航空はエコノミーしか乗ったことがないので、いつかはビジネスに乗りたいです・・・

2010年5月25日火曜日

UAE アブダビ The Marina Mall

タクシーを借り切ってアブダビまで。

シティセンターホテルのロビーからタクシーに乗ると、それはハイヤーのようなもので非常に高額。メーターは付いていますが、異常なスピードで加算されます。ゆえに一旦モールまで歩き、モールのタクシー乗り場から乗車。

当初は、アブダビに着いたらアブダビのタクシーを乗り継いで市内を回ろうと思っていましたが、運転手が12時間で500ディラハム(約13,000円)と持ちかけてきました。12時間も要らないから10時間で400ディラハムでどうだと交渉しましたが、会社で決められていると頑なに拒否。でも、往復、アブダビでの周遊のタクシー代を考えれば借り切ったほうが安いだろうということで契約。運賃、ガス代、高速代、チップ全部込みで500ディラハムと念は押しておきます。

ドバイからアブダビ間は何もありません。まるでアメリカの荒野を走っているようです。ときたまラクダ牧場のようなものがあります。

アブダビに向かうタクシー

ドバイとアブダビでは舗装の色が違うらしく、ドバイは日本と同じ黒系、一方アブダビは赤茶色。アブダビ市内はドバイと違って派手なビルも少なく地味ですが、逆にドバイが異常なだけでしょう。

アブダビの舗装

今回の目的地はマリーナモール。アブダビでも最大級のモールです。なんでもこのモールの前にある旗竿が世界一ノッポだそうで、ギネスブックにも載っているようです。そんなことは知らなかったので写真はありません。

マリーナモール

平日の午前中ということもあり、館内は閑散としています。

館内

4~5階建てぐらいのミニ展望台のようなものがあり、中にはレストランとカフェがあります。というわけで、安く済ますべくカフェに。

カフェ店内

ないのを知っていながらビールを頼んでみましたが、やはりないのでコーヒーで一服。窓の外にはアブダビ市内の海岸線が見えます。こざっぱりしたビルが建ち並び、非常に綺麗な光景です。マイアミのような景色。行ったことありませんが・・・

アブダビ湾岸線

道中、運転手と話しをしましたが、バングラディッシュから出稼ぎに来て1年。朝5時から夕方5時までの12時間勤務でタクシー代の20%が取り分だそうです。そして休みはなし。きっと休むぐらいなら稼ぎたいということなのでしょう。また、ガソリン代は自分持ち。ただし1リッター30円ぐらいなので、気にしなくてもいいのかもしれません。

その後は4~5箇所周り、ドバイに戻ってきましたが、案の定10時間で帰着。支払いのときに500ディラハムきっちり渡したところ、チップを物欲しそうな目で見つめられましたが、チップ込みの約束だし、2時間早く終わったんだからそれがチップということで。

以上、アブダビ訪問記でした。

2010年5月24日月曜日

UAE ドバイ The Palm Jumeira

タクシーに乗ってパーム ジュメイラへ。

ブルジュ・ハリファからも見える、ヤシの木の形をした人工島です。

パームジュメイラ全体像

タクシーでアブダビ方面に走ると、インターネットシティが見えるあたりで左折。インターネットシティというだけあって、マイクロソフトなどのIT系の社名ロゴを掲げたビルが並んでいます。

インターネットシティを左折

橋を渡るとヤシの木の中に入っていると思いますが、周りはマンションやホテルが並んでいます。お店はほとんど見当たらないので、生活するにはさぞや不便だろうと買えもしないのに心配してしまいます。

マンション群

中には一軒家と思しき建物も。一帯幾らするのか・・・

戸建住宅

ヤシの木の幹部分にはモノレールが走っています。そしてヤシの木の最先端にはアトランティスホテルが見えてきます。まるで東欧の政府機関のビルのような様相・・・

モノレールとアトランティスホテル

アトランティスホテルに到着。エントランスからは海が見えます。夕方ということもあって、防波堤には家族やカップルがたくさん涼んでいました。

ホテルエントランス

ホテルの中はゴージャス。海底をイメージした内装なのでしょうか、帆立貝のような天井です。ということは、オブジェは貝柱?

ロビー

少ないですが、カフェやブランドショップが並んでおり、奥には水族館があります。海を埋め立てて、そこに海モドキを造る、豪華なのか無駄なのかわかりません・・・

水族館

地上からでは人工島がヤシの木の形をしていることはわかりません。島内はマンションが建ち並んでいるだけなので、美しい風景も期待できません。やはりここは上空から見下ろすのが良さそうです。

2010年5月23日日曜日

UAE ドバイ Burj Khalifa 展望台 2

エレベーターの扉が開くと、そこは別世界。

エレベーターを降りると、すぐに外に出られます。まさか外に出られると思わなかったのびっくり。さらにガラスにはカメラ撮影用にスリットがあり、遮るものがありません。さすがブルジュ・ハリファ。誰もがデジカメを持って撮影大会。

展望台

ガラスの隙間から直下を見下ろすと、こんな感じです。

展望台 直下

さらに、動画もしっかり撮影。

video
ブルジュ・ドバイ 展望台 ムービー

よくぞこんな砂漠に都市を作ったものと感心させられます。夜、上ってみるのも綺麗かもしれませんが、広大な砂漠が見える昼間のほうが楽しめると思います。

窓の外

展望台の高さはビルの約2/3の位置です。上を見上げると、まだまだ伸びています。昨日は曇り空でしたが、今日は晴天。まさに展望台日和。太陽が暑い・・・

ブルジュ・ハリファ 先端

海には地球の形をした人口島、「ザ・ワールド」や、ヤシの葉をイメージした「ザ・パーム」が見えます。

ザ・ワールド

ドバイの目抜き通りはこちら。上から見ると、思ったよりビルが少ないです。

メインストリート

再び動画を撮ってみました。

video
メインストリート ムービー

展望台は外だけでなく、もちろん室内もあります。そしてお約束のお土産売り場も。Tシャツ、オブジェ、帽子などが売っていますが、デザインが地味なので誰も買っていません。

売店

室内は冷房が効いていますが、やはり外から眺めたほうが気持ちいです。

室内からの眺め

左側はアブダビ方面。今回は初のアブダビ訪問も予定中。

アブダビ方面

オープン当初は二週間待ちと聞きましたが、意外とあっさりと入場できました。100ディラハムは高いですが、登って損はないと思います。

そのうち他のビルに抜かれると思いますので、今のうちに世界一を堪能するということで・・・